2015/10/02 00:19

Namaste, Japan!!

ガネーシャフェスティバルが終了したかと思えば、
今月は、インドのディワリ(旧正月)が近づいてきました!!
先日のナマステインディア2015の際に、知り合ったインド人からの情報によると、ディワリ横浜があるらしいですよ!
ご興味ある方、イベント体験されたい方はこちら → (http://diwaliyokohama.org/)

インド人にとって、火薬や爆竹を使う理由は、旧正月を迎える喜びを神に対して表すとされています。
日本人にとって苦難なのは、約2~3週間のディワリ期間、最高に公道や中庭がうるさくなります。
一度は経験してみると良いかもしれませんね。

さて、話は変わりまして、
なかなか本土のインド人女性オーナーやジュエリー商人と連絡がつかず、ちょっとイライラ気味状態です。(すみません。)
ジュエリー商品の入荷の目途が全く立ちません。日本国内のインド人にどなたかお手伝いを頂こうと、必死に探し中!

Love_yoga.comのミッションの一つは、シングルマザーや女性のエンパワーメントを目指す!が目標なのですが、
Zero Wt Brass ornamentsが、インド人女性達によってデザインされているのかは、依然として定かではありません。
その為、やはり現地取材をしてみないと、全てが不透明すぎて、自分の仁義にも反するし、お客様にも申し訳ない。
ということで、今後日印米を跨って仕事をするバイヤーになろうかと考えています。
(本当はヨガインストラクター希望なのですが。。苦笑)

また、都内では「ヨガはブームを超えて、カルチャーである!」と某雑誌には記載がありますが、
残念なことに田舎エリアは事実ではないというのが、現実でしょう。
埼玉北部の上尾以北~熊谷以南には、スポーツクラブで実施するフィットネスヨガは勿論ありますが、
ヨガの専門スタジオが、1つぐらいあってもいいのに、無いわけですね。
(集客・認知度の問題でしょうか、ヨガに対するマイナスイメージでしょうか。。。)
ヨガイントラとしては、悲しいわけですね。

だからこそ、理想のビジネスモデルとしては、インド人がデザインを施したジュエリー商品を買い手の方々に、ご購入頂きまして、
それを元手にヨガスタジオを創設したい!という切実な思いがあるわけです。

勝手に命名して、"グローバルヨガクレジット!!"

フェアトレードを追求しながら、日本国内でインドの商品をご購入頂き、そこで日印米のヨガイントラが集うヨガスタジオを設立する。
なぜ、日印米なのか?それは、インドはヨガの発祥の地、米国はヨガの先進国 (※特に解剖学が発達しています)、
そして日本はヨガでダイエット、美ヨガというのが流行っている国。また、カリスマヨガインストラクターのChama先生が仰って
いましたが、"ヨガは人と人とを繋げるツールである"という言葉に感銘を受けました。それで、一念発起して、渡米したり、渡印したり、
世界に人脈を作ってみたり、アメリカ人やインド人のグルジに会ってみたり、世界中にフレンドシップネットワークを構築する。
なので、日印米のヨガ友好関係を作るべきだと、心の底から考えているのです。

新しい発想だと思うのですが、皆さんはこのアイディアに賛同して頂けますでしょうか?
ぜひとも、本ブログを閲覧して頂いている方より、お問い合わせ欄からご意見を伺いたいところです。
本日も進展のないつまらないブログ内容でしたが、お読み頂きまして、ありがとうございました。

心から感謝。Love&Peace,

Dhanyawad!!

Love_yoga.com